2010年05月30日

ワライカワセミ

わが町の川べりに沢山のワライカワセミが、 生息しています。 川べりの公園に行けば、 仲の良さそうな、 つがいを見かけます。 ワライカワセミは、 泣き声がけたたましいですよね。

私が、 中学生の頃に短波ラジオで始めて聞いた海外放送が、 ABCオーストラリア国営放送でした。 日本向けの日本語放送です。 毎回、 このワライカワセミの泣き声で、 放送が始まりました。 何千キロと離れた処から発信された電波を受信できた時の感動は、 今も良く覚えています。

町中に早朝や夕方にワライカワセミが、 やって来ます。 高木やテレビアンテナ・タワーの上で鳴いています。 巣立ちの時期には、 子連れで飛んで来ますよ。

kb.jpg
posted by Horizon at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家 我が町

2010年05月22日

じぃじ、 ばぁば!

英語で、 「 おじいちゃん 」 「 おばあちゃん 」 って、 何て言うかご存知ですか?
おじいちゃんは、 「 ポッパ 」 。 おばあちゃんは、 「 ナーナ 」 です。
これらは、 娘達に教えられました。 日本語の 「 じぃじ 」 「 ばぁば 」 の感覚ですね。

我が家では、 夫婦が、 無理をして下手な英語で話すと疲れますので、 全て日本語で会話をしています。 我々夫婦の英語の上達度は、 たかが知れていますが、 娘達の英語は、 毎日凄まじく上達しているようです。
ポッパ & ナナの他にも色々と教えてもらっています。

「 ティッピー ・ トォゥズ 」 って、 何だか分かりますか?
posted by Horizon at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2010年05月16日

海外での報道

先日、 1991年の信楽高原鉄道事故から19年となり、 滋賀県甲賀市信楽町黄瀬の事故現場で追悼法要が営まれました。

当時、 私は、 この事故の報道をこちらのテレビで見ました。 「 京都近郊で列車事故があり、 多数の死者が出ました。 」 と。 そして画面には、 新幹線車両の写真が表示されました 。 つ、 ついに新幹線で事故が起きたのか・・・・・? でも、 青色じゃなくて緑色の車両でした。

後日、 JR西日本と信楽高原鉄道の列車の衝突と分かりましたが、 海外での報道は、 こんなものです。 ABC ( オーストラリア国営放送 ) の特派員でも日本の大臣の名前を平気に間違って読んでいます。
日本における報道にも怪しげなのが在りそうですね。
posted by Horizon at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア

2010年05月08日

ビニール袋

我が州では、 他州に先駆けてスーパーマットでのビニール袋の無料提供を廃止しました。 ただし、 今もデパートや小売店でのビニール袋の無料提供は、 許されています。

先日、 耳を疑うような店頭呼び込みを聞きました。 「 ビニール袋の無料提供は、 廃止されました! しかし、 当店では、 今でも無料でビニール袋を提供しております! 」と。
そんな事をうたい文句にするとは、 全くもって嘆かわしい店ですね。

その店は、 一応デパートなんですが・・・・・。 私は、 時々そのデパートの駐車場を利用しますので、 その折に店内を通り抜けますが、 バーゲンセールをしている時以外は、 いつも閑散としています。
品数は、 そこそこ多いのですが、 デパートと呼ぶには、 高級品が見当たりません。 中途半端な存在です。 案の定と言うと何ですが、 相次いで2店舗が閉鎖になりました。
posted by Horizon at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア

2010年05月02日

安物家電

オーストラリアは、 安物家電で溢れています。
テレビやエアコン、 冷蔵庫、 洗濯機等の値段が張る製品には、 少ないのですが、 構造が単純で大量生産が、 出来る製品に多いです。

以前、 我が家の扇風機が 「 パン! 」 と、 何かが弾けるような音を発して壊れました。 オイルヒーターは、 何の前触れもなく発熱しなくなりました。 扇風機はコンデンサがパンクし、 オイルヒーターは、 温度ヒューズが飛んだのでしょう。 何れもオーストラリア・ブランドで購入後2年ほどで壊れました。

我が家には、 他にも安物家電があります。 それらには、 明確な共通点があります。
「 電源コード 」 が、 細くてやたらと短い! 貰い物のホットサンド・メーカーの電源コードなんて、 たったの60cmです。 この 「 電源コード 」 をケチっている製品は、 部品の品質も大いにケチっている事でしょう。

日本のブランド製品は、 海外で生産していても、 信頼性が桁違いに高く、 高価ですが、 それだけの値打ちが充分にありますね。
posted by Horizon at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア